FC2ブログ

隣の惑星日記

どうでもいいことを書いたり、毒を吐いたり、たまにダーカーだったりする、そんな日記

近況報告

こんにちは、HNを決めた後に同名のポケモンがいることに気付いたブラッキです。

さて近況報告でもしますかね。

・就職活動
終わっていません。
周りは終わってきました。
正直焦ります。
今の推薦してもらってるところ落ちたらかなりピンチです。


・研究
就活と同時並行でやらされるので、正直困っています。
9月には学会です、正直困ります。

・私生活
やや充実しています。
というか、これがなかったらとっくに発狂していると思います。
ただ、独りのときは孤独と戦っています。
スポンサーサイト



普通の日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

目に見える結果と、はっきりとした目標がなければ、人は努力することすら難しい

最近は、そんな感じです。

やりたいことが、見えない。
何を努力すれば良いか、それは分かってるけど、本心かどうか、それが分からない。

俺は何のために頑張っているんだろう。



小学生の頃は、何も考えずに何かをすることができた。
「何かすること」が目的だったからだ。
今は、しなきゃならないことが念頭にあるから、気になってそれができない。

中学生の頃は、人に好かれよう、嫌われないようにすることで頭が一杯だった。
それは、小学生後期に起こったいじめが原因だ。
人が離れていく、恐怖。
それは全員が全員共有することができない記憶と感情だと思う。
今更になってそれをひきずるのも、おかしな話だと分かっている。
でも、それは確かにある。
高所恐怖症も似たようなものだ。
でも、確かにそれが動機で、俺は何かをすることができた。

それは高校生の頃になっても、相変わらずだった。
ただ、この頃になると、それまで自分の中にあった「勉強していい点取ること」の喜びを忘れ始めた。
俺は、別に頭が良くなることに喜びを感じていたわけじゃない。
人よりも優れているものがあることに、ただ愉悦を感じて安堵していただけだ。
それも、この頃に終わりを告げる。
自分よりも、優れた人間が現れ始めたからだ。
どんなに怠惰で、素行が悪くても、自分よりも頭がいい、人間も周りに集まってくる。
それだけで、自分のやる気を壊してしまうには十分だった。

「自分のやりたいこと」と偽ってきた吹奏楽は、ピアノは、音楽活動は、全部虚像。

大学になって、少しは自分がマシになったと思うけど、それは「抜け殻のような」自分だ。
つまり、自分がまともな人間になる方法は、自分が持っているものを、削って、すり減らして、捨ててしまえばよかったわけだ。
滑稽な話だ。




「人間は何で生きるのか」とか、そんな哲学じゃなくて。
自分は、何がしたくて、ここにいるんだろう。
自分は、どうなりたくて、ここにいるのだろう。


自分を動かす動機の一部
「見栄」「義務」
正直なところ、これが自分の新規開拓を一番阻害している。

「見栄」は自分を良く見せたいという願望。
大学生になって、人間関係に心を多く割かなくなった今でも、存在している。
失うのは、怖いから。

「義務」は果たさなくてはならない。
自分にとって、研究がそれだ。
研究は、自分にとってやりたいことじゃない。
これが今の自分に大きくのしかかっている気がする。


結局、何でも全力でぶつかっていくしかないんだろう。
分かっていて、足踏みしている。
それが、今の自分。
愚痴のような | コメント:0 | トラックバック:0 |

12/1

最近は専ら英語の講義の課題をやってます。

国際学会にひたすら力を注いでいたので、こちらは放置していたので…。

[ぎゅっとe]ってやつなんですけどね。

これ、けっこういいシステムだなぁ。
高校の頃にほしかったわ。
研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11/21

今日はB4の中間発表です。

それなりに見てきたので、それなりに心配です。

ちゃんと発表できると良いなと思う反面、ここで一回こけたほうが最終発表でうまくいくんじゃないか、という思いも秘めていたので、今日まで助けたり助けなかったりしました。


最終的に踏ん張らなきゃいけないのは、自分だからね!!
普通の日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

うみねこ推理1

とつとつに始めます。

そんなわけでブラッキは随分前から「うみねこのなく頃に」にハマっていて、推理もそこそこやっているました。
そこでちょっとEP6が出るまでに少しずつ推理を書いていこうかなと。

まず、自分がうみねこで推理していた所を挙げてみましょう。

1碑文の謎
2犯人は誰?
3魔法描写の意味
4赤字、青字、そして金字の意味
5未来の描写(1998年)の謎
6その他、様々な謎

自分は特に2と3と4に焦点を当てて推理をしていました。
なので、これから書いていくものはこの3つが多くなると思います。

まずはそれぞれについてざっと説明します。

1については、俺はあまり推理していません。
考察サイトやwikiをまわって色々と「あぁーなるほどなぁ」と思っている感じです。
あぁ、そうそう、前提の話ですが黄金はあると思います。
黄金はニセモノ、という話もあるらしいので。

2については、犯人は各EPで違うと思っています。
ただし、複数の犯人グループが存在していて、それぞれが複雑に絡み合って発生していると考えています。
更に言うならば、各犯人グループは
・計画的犯行
・偶然→やっつけの計画犯行
・感情的、衝動的犯行
の分かれ方をしているかと。

そして3についてですが、魔法描写には大きな意味、ルールがあると考えています。
俺はここを紐解くことに特に力を入れています。なのでこの辺りを中心に話をするようになるかと思います。
これに力を注ぐことで、2についても答えが導き出せると思っているからです。

4については俺は全面的に信用しています。
赤字、金字を疑ったら、推理小説とか推理とかが苦手な自分にとって推理する術が殆どなくなるからです。
これがなかったら俺も単にうみねこを読んで楽しむだけになっていたでしょう。

5については、諸説ありますが、俺は1998年の描写はep3後のものだと考えています。
それを単にEP4で書いているだけだと。

6は色々ありますが、例えば
・戦人の出生の謎
・福音の家の謎
・10月5日の最後の「わたしはだぁれ?」
などがあります。

これらをちょっとずつ研究の合間にでも書いていきたいなぁと思っています。
うみねこ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>